ご確認ください

ご紹介している施設の情報は変更になっている可能性がございます。おでかけ前に各自ご確認くださいませ。

【愛犬と車中泊の旅#5】SNS映えで有名なあのトンネルやさくらんぼ狩りへ!山形・新潟の東北巡り〜立石寺参拝〜さくらんぼ狩り〜国宝羽黒山五重塔〜清津峡

ゆき

こんにちは!おでかけわんこ部特別部員のゆきです!

今回、私たちは愛犬のりんたろうと一緒に、ハイエースのばんじろうで東北巡り車中泊旅をしてきました!

車中泊旅のいいところは、なんと言っても「自由気まま」で「愛犬とずっと一緒に」旅ができること。わんこ同伴NGのごはん屋さんしかなくてもテイクアウトがあれば大丈夫!わんこ同室の部屋の予約が取れなくても大丈夫!

愛犬と一緒の旅行は何かと旅費が高くなりがちですよね…金額だけじゃなく、ちょっと遠出となると新幹線や電車の長時間乗車も負担にならないか気になるところです。

車中泊なら好きなタイミングで休憩もとりつつ、気まぐれな旅が可能!記事後半では今回の宿泊費用も公開しています◎

泊まりがけでの旅行はもちろん、日帰りおでかけスポットとしても楽しめる事間違いなしの東北旅編です!

我が家のハイエース「ばんじろう」について詳しく知りたい方は、こちらの記事もぜひ見てみてくださいね(現在も絶賛カスタム中です!)

りんたろう

僕たちの合言葉は「WAN!VAN!FUN!」今回もたくさんの楽しいを見つけてきたよ〜!!

2泊3日!東北を巡る旅のスタート!

あの有名スポットにも行ったよ!

今回の旅は未開の地「山形」からのスタートです!

りんたろう

山形には行ったことがないから楽しみだな~!!!

1日目(土曜日)~「山形 観光」で出てくるあの光景!

◆まずはSAで寄り道

赤べこさん!
妖怪ギュウニュウスキー

朝に出発した今回の旅。福島県あたりでお腹もすいたので、SAで寄り道♪福島らしいかわいいパンを食べて、いざ山形!

ちなみに、なぜ今回山形なのかというと…日本地図で見たときに「山形」が未開の地だったから!

車中泊をするようになって、アプリで「行った場所」を管理するようになりました◎私たちは項目を色別に管理できるアプリで「行った」「立ち寄った」「通過した」の3項目で管理しています。次の目的地選びにも使えるし、なにより少しずつ埋まっていくのを見るのが楽しい!

いろんな地図アプリがあるのでぜひダウンロードしてみてください♪

◆山形 観光地 で検索すると出てくるのは…「立石寺」

立石寺に来たよ!
階段登るぞ〜!
途中からリュックで登ったよ◎
あんなところに建ってる!
すごい景色だったな〜!

本日の目的地は山形の観光地としても有名な「立石寺」

ここは松尾芭蕉が「閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声」の名句を残した場所だそうです。参拝のルートはなんと1000段以上もある長い石段!石段を登ることにより煩悩が消滅するそうな…途中には句碑や絶景が見えるスポットもあり、お散歩するには十分すぎるほどの見どころと距離でした。

わんこは少ないですが、わんこの入山OK◎もちろんノーリードは禁止、排泄物の始末はしっかりと!入山後はひたすら上り階段です。1000段以上もあるのでスリングやリュック等があると、愛犬が疲れても、参拝客が多くて歩かせるのがちょっと心配でも安心だと思います。

◆1泊目はRVパーク高畠ふれあい市/くるま旅クラブ

熱中症対策は大事だよ〜!

この日の車中泊はくるま旅クラブで事前に予約しておいた山形県高畠町で◎

ちなみに高畠は駅の中にお風呂屋さんがありました!駐車場も無料で、時間帯によっては新幹線が間近で見られます!このRVパークからも近かったので、宿泊の際はおすすめです♪

さらにこのRVパークから車で数分のところには、国内でも稀な犬猫を祀った神社「犬の宮」「猫の宮」があります。愛犬・愛猫の健康祈願等にたくさんの愛犬家、愛猫家が訪れる名所のようです。もちろん、私たちもりんたろうと一緒に健康祈願をして来ました◎

車中泊をする際は、どこの駐車場でも宿泊可能なわけではありません。SA・PAでの車中泊は原則禁止(仮眠はOK!)、お店等の駐車場ももちろん禁止です。

りんたろう

ペット不可の所もあるから、事前チェックを忘れずにね!

2日目(日曜日)~さくらんぼ狩りと国宝

◆山形といえば…さくらんぼ!

これなぁに?
すずなりだ〜!!!
さくらんぼの木いっぱい!

二日目、この日のメインでもあるさくらんぼ狩りへ!!!

今回お邪魔した『たきぐち果樹園』さんは、なんとわんこの同伴OK!りんたろうと一緒にさくらんぼ狩りができるなんて…

キャリーやスリングではなく、そのままでの同伴がOKです!ただ、足元にはもちろん落ちた果物があったり、他のお客様もいらっしゃるので、拾い食いが心配だったり、人や他のわんちゃんが苦手、お客様が増えてきた…等の場合は抱っこや両手が空くスリング等をお勧めします♪(果樹園なので地面が舗装されているわけではない&通路が広いわけではないので、バギーだとちょっと大変かも…)

もぎたてのおいしいさくらんぼを一緒に…と思いましたが、どうやらりんたろう氏、さくらんぼはあまりお好みじゃないらしい…今のところリンゴ、ナシ、モモ、イチゴ、サクランボは好まず…薄々気づいていたけど果物あまり好きじゃないな!?北海道の実家から届くメロン以外の好きな果物は果たして見つかるのだろうか…

とはいえ、飼い主は「もう食べれない…」というほどのさくらんぼを頂きました♪とっても甘くておいしかった~~~!!!

 

◆国宝「羽黒山五重塔」

あの橋も渡ったよ〜
階段を登るよ〜!
写真に入りきらないくらいの大きさ!

おなかいっぱいさくらんぼを食べた後は、国宝でもある羽黒山五重塔へ!

羽黒山は出羽三山の一つで、山頂には三山の神を合祭した出羽神社の社殿があります。が、山頂までは2500段ほどの石段が…今回は参道にある国宝「五重塔」まで行きました。

五重塔の高さはなんと29m!東北地方では最古の塔といわれ、平安時代に創建、現在の塔は約600年前に再建されたものと伝えられているそうです。大きな杉に囲まれ、シンとした静けさの中に建つ五重塔はとっても荘厳でした。

また、すぐ近くには樹齢1000年とされる大木「爺杉」がありました。パワースポットと言われているのを実感できる光景は、ぜひ肉眼で見るのをお勧めします!

◆2泊目はRVパークバンダイ/くるま旅クラブ

これ限定だ!って言ってました!飼い主が!
このお菓子全国展開してほしいんだけどなぁ…って言ってました!飼い主が!!
朝からトランク開放〜!
カエルさんの声がするよ

山形を満喫した後は新潟へ向けて出発!

2泊目は新潟にあるRVパークバンダイさんへ。民宿の駐車場を開放してくださっているこちらは、なんと車中泊スぺースのすぐ後ろに田園風景が!!!

夜は限定の美味しいものを食べて就寝。翌朝はトランクを開けて、この風景を独占…田舎…最高です…

あと、カエルの声が聞こえたのも、なんだか懐かしかったなぁ…

りんたろう

季節を感じるのも車中泊の魅力かも!?

3日目(月曜日)~念願の清津峡

◆SNSで見たあの景色を見に…!

入口はこんな感じ!
中はひんやりしてる〜
すごい景色だな〜
不思議な空間も!

三日目。田園風景を朝から独占したあとは、念願の清津峡へ…!!

SNSで見たあの景色を自分の目で見たい!とずっと思っていて、いつか行きたかった場所の一つ。平日、月曜、朝一と気合十分で、いざ清津峡!!土日は周辺の道もかなり混雑するらしいので、土日に行く場合は時間に余裕を持っていくことをお勧めします◎

いざ清津峡トンネルに入ると…涼しい…というか寒いくらい!!!「外気温より10度くらいは低い」と聞いていたものの、本当に肌寒いほどの気温でした。薄暗いトンネルの中は思ったよりジメジメした感じはなく、道も平坦歩きやすく、りんたろうもご機嫌でお散歩♪

ところどころの見どころを楽しみつつ、奥へと進んでいきます。

※注意※

ペットを連れてのルールとして

・フンの持ち帰り、その他排泄物等の処理の徹底

・リードの長さは1メートル以下

・他のお客さんの迷惑になる行為の禁止

・貸し出し用の車椅子・ベビーカー等へは乗せない

等が決められています。公式サイトにも表記されているので必ず確認してください。

◆これは…アートだ…

3人で撮ってもらったよ◎
アートの一部になれたかな?
すごい…!!!

薄暗いまっすぐなトンネルを進み、ゆるやかなカーブを曲がると…SNSで見たあの景色が…!!!写真で見ていた時は「きれいだなぁ」「自然ってすごいなぁ…」と思っていたけれど、実際にこの光景を目にして出たのは「もう、これアートじゃん…」でした。

朝早く来たのも本当によかった…!ほとんど(というか私たちのほかに帰りがけの2組のみ…)人もいなくて、心行くまで写真を撮ることができました。そして先に撮り終わっていた優しいカップルさんが私たち3人の写真も撮ってくれました。優しさに感謝…

水鏡は床に水が張ってあることでこのアートを生み出しています。中央部分は深いようですが、端の方は水深がかなり浅く、歩いて奥まで行くことができます。そーっと歩けば靴でもそんなに濡れない…とは思いますが、サンダルで行く、タオルを持っていく等対策がおすすめです◎

私たちはタオルを持参して、靴と靴下を脱いで裸足で奥まで行きました◎(裸足ももちろんOKです)

※注意※

今回は本当に人がいないタイミングだったのでこんな写真が撮れましたが、公式からの注意として【パノラマステーション(水鏡)での撮影は、複数組のグループで同時撮影をお願いいたします。順番待ちや進行方向の決まりはございません。自由に入って撮影見学をお願いいたします。】とあります。休日等で人が多い場合は「譲り合って順番に」というよりも「他の人も一緒に」撮る感じになるのかもしれません。

私たちも平日の朝一で行きましたが、帰るころにはすれ違う人も増え、駐車場に大型バスが来ていたりしていました。9時半を過ぎると平日でも混み始めるかもしれません。

りんたろう

もし持って行くならバギーよりもスリング等の方が場所をとらなくていいかも!

今回の宿泊費は…

大満足の2泊3日山形・新潟旅行の宿泊費は…

1泊目:宿泊費2,000円+入浴料600円(1人300円x2人)

2泊目:宿泊費2,200円+入浴料1,200円(1人600円x2人)

という事で、わんこ連れ山形・新潟旅行は土~月の2泊3日で6,000円でした◎

りんたろう

ちなみにさくらんぼ狩りも清津峡も僕たちわんこは入場料無料だよ!

まとめ

以上、山形・新潟の東北車中泊旅レポートでした!

車中泊の魅力はなんといっても「自由」で「気まま」な旅が楽しめること!なんとなく目に入った看板の矢印方向へ向かえば、とびっきりの絶景に出会えることも!

わんこ連れだとどうしてもホテル代が高くなる…とか、ご当地飯はわんこ同伴できなくて…とか、そんな悩みも解決してくれます◎

愛犬と一緒に自由気ままな車旅、ぜひ始めてみませんか♪

りんたろう

今回もたくさんの景色を堪能したよ~!さて、次はどこに行こうかな~?



この記事を書いた人

ゆき

愛犬と一緒にもっとたくさんのワクワクを見つけに行こうとバンライフ始めました!キャンプや車中泊で愛犬とのおでかけを楽しんでいます。私たちが体験した「ワクワク」や「楽しい」が飼い主さんとワンコちゃんの「やってみよう」「行ってみよう」「楽しかった!」に繋がれば嬉しいです!