ご確認ください

ご紹介している施設の情報は変更になっている可能性がございます。おでかけ前に各自ご確認くださいませ。

キャンプに持っていきたい愛犬にも安心の虫除けグッズは?防虫や防蚊のおすすめ商品を紹介!

こんにちは、おでかけわんこ部です!

暖かい季節になってくると気になるのが、虫(蚊)!!
キャンプなどのアウトドアへ行くとなると更に注意が必要ですよね。

そこで今回は、キャンプに持っていきたい愛犬用の虫除けグッズを紹介します!

虫除けグッズと言っても、スプレータイプやウェアなどいろいろな種類があるのでそれぞれ調べました。
日頃のお散歩にも使えるものなので、ぜひチェックしてくださいね◎

maki

防虫対策はただ虫除けをする目的だけでなく、愛犬の身を守る為でもあります!

愛犬を連れてキャンプへ行く前にしっかり準備しましょう~!

虫(蚊)に刺されると犬にとってどんなリスクがある?

そもそも、なぜ虫除けが必要なのか?虫に刺されるとどんなリスクがあるのか?
なんとなくしか知らないという飼い主さまも多いのではないでしょうか。

「もしも愛犬が虫に刺されたら・・?」

犬にとって有害と言われる身近なノミ・マダニ、蚊について、それぞれのリスクを簡単にまとめました!

種類主な症状その他のリスク
ノミかゆみ・皮膚炎アレルギー症状を起こす場合あり
マダニ痛み・皮膚炎・その他感染症命にかかわるバベシア症の危険性あり・人にも寄生する
元気がなくなる・咳がでる・腹水(お腹に水がたまる)・血尿などフィラリアが成虫になると薬が効かない為手術が必要になる
  参考:アニコム損害保険

虫に刺されるのを完全に防ぐことは難しいので、お薬でしっかり駆虫することが重要です!

maki

かかりつけの病院で処方されているお薬とプラスして防虫グッズを使うと安心ですね◎
しっかり対策をして愛犬を守りましょう!

アウトドアでの愛犬の防虫対策は大事!

ノミ・マダニは、森や草むらの中、河原などに生息しているので普段のお散歩道はもちろん、キャンプなどのアウトドアではよりリスクが高くなります!

maki

人用に販売されている薬剤系の虫除けは犬には使えない!ので、気を付けてくださいね。

防虫グッズを選ぶときに注意したいポイント

  • 犬用の安全なもの
  • 匂いがきつくないもの
  • 舐めてしまっても害がないもの
maki

この3点を意識して、用途に合わせて揃えておきたいですね◎

どんなものがある?防虫グッズ紹介!

ではさっそく、キャンプに持っていきたい愛犬にも安心の虫除けグッズを紹介していきます!

  • 防虫ウェア
  • 防虫スプレー
  • 首輪

この3種類についてどんなものがあるのか調べましたので、ぜひ参考にしてみてください!

防虫ウェア

防虫加工が施されている特殊な生地で出来ていて、タンクトップ型や足もとまで覆うタイプのものなどがあります。
なかには顔までしっかりフルガードできるものも!

例えばこんなものがおすすめ◎

画像引用元:公式サイト

iDog / moscape(モスケイプ)
天然の防虫・防蚊成分で、害虫を忌避します。愛犬にも優しい無香料仕上げです◎

画像引用元:公式サイト

ALPHAICON / サマークーリング・シリーズ
防虫・防蚊だけでなく、オリジナルの冷感生地で熱中症対策も◎保冷剤を入れるポケット付き!

防虫スプレー

お出かけ前にシュッ!と犬の全身に直接スプレー(または手の平につけてから)するだけなので簡単!
虫が嫌がる天然ハーブやアロマ、植物成分が配合されたものなどがあります。

例えばこんなものがおすすめ◎

画像引用元:公式サイト

made of Organics for Dog / オーガニックアウトドアスプレー
低刺激なので敏感肌のわんこにもおすすめ!

画像引用元:公式サイト

A.P.D.C. / ニーム&シトロネラスプレー
マダニ・蚊95%以上ブロック!犬が舐めても安心の成分です。

首輪

例えばこんなものがおすすめ◎

画像引用元:楽天市場

アース / おでかけ虫よけわんにゃんクリップミニ
首輪やリードに簡単に装着できるミニサイズで、雨に濡れてもOK!

画像引用元:公式サイト

L.W.D / 防虫クールネックバンド EX
殺虫成分を使わない防虫機能素材を使用。マジックテープで長さの調整ができるので便利です◎

こんなタイプもありました

画像引用元:PEPPY 
画像引用元:PEPPY

菊花せんこう
農薬不使用で体に優しい蚊除け線香。ブリキ線香皿に入れれば、吊り下げて使うこともできます!

maki

犬用の虫除けのなかには、猫ちゃんにとって有害となる成分を含む商品もあります。猫ちゃんも一緒に暮らしている方は、購入の際に説明書きをしっかり確認してから買うようにしてくださいね!

まとめ

犬にとって身近な虫であるノミ・マダニ・蚊ですが、ただ煩わしいだけでなく時には愛犬の命にかかわる危険性が潜んでいるということがわかりました。

愛犬を守るためにまずは、かかりつけの病院で処方されているお薬(駆虫薬)を忘れないことが大事です!
お薬と併用して、防虫グッズも使いましょう◎

防虫グッズ選びで気を付けたいポイント

  1. 犬用の安全なもの
  2. 匂いがきつくないもの
  3. 舐めてしまっても害がないもの
maki

キャンプなどのアウトドアへ行く前に、ワクチンの確認もお忘れなく!犬レプトスピラ感染症の予防ができる6種以上のワクチン接種が必須です!(分からない場合は早めにかかりつけの病院で聞いてみてね)

人へのリスクも考えて、飼い主さまも服装等には気を付けて万全の対策で愛犬とのキャンプを楽しみましょう~!
キャンプだけでなく日頃のお散歩時にも使えるグッズなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人

maki

maki

おでかけわんこ部の運営スタッフです!愛犬はシェルティーの女の子♪
飼い主さんとわんこの日々の生活やおでかけがもっともっと楽しいものになる情報を届けていきます!