ご確認ください

ご紹介している施設の情報は変更になっている可能性がございます。おでかけ前に各自ご確認くださいませ。

【画像レビュー】愛犬との暮らしを小型ポータブル電源でもっと快適に!私がBLUETTI EB70を購入した決め手とは?キャンプやアウトドアに防災グッズとしても!

#PR

こんにちは。おでかけわんこ部のけいです。

突然ですが・・・小型のポータブル電源を持っていますか?

私は最近、念願の1台(BLUETTI EB70)を所有しました↓

念願のポタ電「BLUETTI EB70」

1台持っていると愛犬とのおでかけや暮らしが劇的に快適&安心になるグッズなんです。そしてもしもの非常時の防災グッズとしても備えておきたいですよね。

今回の記事では「愛犬との暮らし」×「小型ポータブル電源」にスポットをあてて、なぜ私が人気のポタ電BLUETTI EB70(通常価格 ¥78,980)を選んだのか愛犬家目線でご紹介したいと思います。

「愛犬とアウトドアを楽しみたい!けど暑さや寒さが心配」
「ポータブル電源っていっぱいあるけど何が違うの?おすすめは?」
「実際どんな感じでBLUETTI EB70を使うの?」

といった飼い主様、ぜひ参考にしていただきたい記事です♪

記事後半ではおでわんスタッフが実際にBLUETTI EB70を持って愛犬と冬キャンプに行ってきた模様をお届けします!


BLUETTI EB70の公式通販サイト>>

▼3月31日までクーポンコード入力で15,000円オフ▼
【クーポンコード】15000
BLUETTI EB70セールページはこちら>>

愛犬との暮らしに小型ポータブル電源がある時!

私自身、所有する前は小型ポータブル電源のありがたさを正直実感していませんでした。

ですが・・・!実際に所有してみると

「どうしてもっと早く手に入れなかったんだ!私!」

と思う程、ありがたさを実感中です。では具体的に愛犬との暮らしの中でどんなシーンで役に立つのか紹介していきますね。

愛犬とのキャンプやアウトドアで大活躍

夏は扇風機、冬は電気毛布と屋外でも快適!

キャンプを楽しむ愛犬

最近のキャンプブームに漏れなく影響を受け、過去5回ほど愛犬とキャンプに行きました。

真夏や真冬のキャンプは愛犬の負担になるので避けてはいましたが「ちょっと暑い時」や「ちょっと寒い時」が困ります。気休め程度の携帯用の扇風機で愛犬をクールダウンさせたり、膝掛けをかけてあげたりと四苦八苦しておりました。

飼い主として自分よりも「愛犬は暑くないかな?寒くないかな?」と心配になって安心してキャンプを楽しめませんよね。

●小型ポータブル電源がある時!!●
持ち運べる小型ポータブル電源があればアウトドア用の扇風機やペット用電気毛布を使えます。愛犬も飼い主も快適に過ごせて安心して愛犬とのキャンプやアウトドアを楽しめます◎

愛犬と気楽な車中泊の旅も叶う

おでかけわんこ部特別部員のゆきさんは愛犬と車中泊を満喫中!

「愛犬との旅は泊まるところを探すのが大変だから車中泊をしたい」
「予定も決めずに気ままな車の旅を愛犬としてみたい」

という方も多いのではないでしょうか?(まさに私がその一人です)

おでかけわんこ部の特別部員でもあるゆきさんは愛犬りんたろうくんと一緒に、北海道や島根など全国を車中泊で旅を満喫中です。(りんたろうくんのInstagramアカウント

でもいざ車で旅をしようとしても電源がないとスマホの充電が切れて情報収集ができなくなってしまったり、調理家電が使えなかったりします。

●小型ポータブル電源がある時!!●
持ち運べる小型ポータブル電源を車に積んでおけばスマホの充電もできて情報収集が可能に!そして調理家電で作ったご飯を愛犬と一緒に食べられたりと車中泊を満喫できます。

愛犬の写真いっぱい撮影したい!いつでも充電できる

愛犬とのおでかけの時ついついパシャパシャと可愛い瞬間を撮りたくなりますよね!わかります!

私もまだランチの時間なのに携帯の充電がほぼなくなり「ああ、午後の愛犬を撮影できない。悲しい・・・」なんていうこともよくあります。

●小型ポータブル電源がある時!!●
小型ポータブル電源を車に積んでおけばいつでも充電が可能です。携帯電話はもちろん一眼レフも!バッテリー残量を気にせずに愛犬の写真撮影を楽しめます。

もしもの備えに!防災グッズとして

災害が多い日本。いつどこで電気が使えない生活になってもおかしくありません。また犬を同伴できる避難所も少ないため車で避難生活を送る必要があるかもしれません。

防災グッズとして(ソーラー充電が可能な)小型ポータブル電源があれば、容量は限られますが電気が使えます。温度変化に弱い愛犬のために扇風機や電気毛布が使えるかもしれません。

手作り食しか食べない愛犬のためにクッカーで簡単なごはんを作ってあげられるかもしれません。

また何よりスマホやPCが使えれば、家族みんなの命を守るための情報収集ができます。

アウトドアだけでなく防災グッズとしても愛犬との暮らしに快適&安心を与えてくれます。

私がBLUETTI EB70を選んだ決め手

形もおしゃれで可愛い

ここまで小型ポータブル電源と愛犬との暮らしの切り口で紹介してきましたが

おおお!なんだか小型ポータブル電源が欲しくなってきた!でも何を選べばいいのかな?

という、飼い主様も多いと思います。

そこでたくさんある小型ポータブル電源の中で私がなぜ「BLUETTI EB70」を選んだのかを簡単に紹介しますね!

(1)コンパクトなのに大容量!

画像出典:公式サイト

やっぱり重要なのはどれだけ容量があるかですよね。

ポータブル電源のバッテリー容量はWh(ワットアワー※)という数値で表しますが、BLUETTI EB70は716Whと大容量クラスなのにコンパクトなのです。

一般的にポータブル電源のバッテリー容量は300Wh〜1000Whだから容量は大きい方だね!

電気毛布であれば一晩中「強」で使っても全然余裕なのです!

例)「強モード」で一晩中(8時間)使用して320Wh(40Wh×8時間)

これほど大容量なのに重さは10kg以下の9.7Kgと女性でも持ち運べる程度です。

「軽々運べる!」ほどではありませんが、私もよいしょよいしょと1人で運べました。

(2)最も安全性が高い「リン酸鉄リチウムバッテリー」を搭載

次に調べたのが安全性です。愛犬との暮らしの中で急に発火したり爆発したりなんて考えたくありませんよね。「BLUETTI EB70」に搭載されているバッテリーはリチウムイオン電池の中で最も安全性が高いリン酸鉄リチウムバッテリー」です。

テスラなどの電気自動車にも採用されているほどの安全性で、熱に強く安定している性質を持っています。

画像出典:公式サイト

●とっても長寿!「充放電サイクル数」は2,500回以上●

そしてこのバッテリーは長寿でもあるのです。

バッテリーの寿命はフル充電と放電を何回繰り返すことができるかを示す「充放電サイクル数」を基準としていますが、この「BLUETTI EB70」は2500回以上!

毎日フル充電と放電を繰り返しても6〜7年使用できる!週に2、3回で20年以上も使用できる計算だよ。

(3)最大12台のデバイスへ同時充電可能!

いっぱいある!

AC出力ポートx4つ、USB−C(最大100Wまで)x2、USB−Ax2、シガーソケットx1、5521x2、ワイヤレス充電ポートx1

USB-Cの場合、2つとも100WのPD3.0充電に対応しているためiPhone 12などスマホの充電はもちろん、最新型のMacbookやiPad Proにも急速充電が可能なのです。

本体の上にも!

本体の上はワイヤレス充電も可能です(写真はiPhoneを同時に2台充電中)

(4)すぐにフル充電!4種類の充電方式に対応

本体への充電の時間も大事ですよね。BLUETTI EB70は家庭用コンセントからの充電であれば最短3.75時間ほどでフル充電になります。

●車からの充電やソーラー充電も対応!ケーブルも標準同梱

ケーブルは同梱

充電方法には、AC充電、ソーラー充電、カー充電、発電機充電の4つの方法があります。

車から充電ができるのはとっても嬉しいですよね!しかもカーチャージケーブルは製品に最初から同梱されているのも嬉しいポイントです。

そして別売りのソーラーパネルを買えばソーラー充電も可能です。(ソーラーケーブルも標準同梱)

避難時など万が一の時にもソーラー充電ができるのはとても心強いと思います。

今は所有していませんが、別売りのBLUETTI SP120ソーラーパネルも検討中です!

(5)デザインも可愛くカラーも選べる!

出展:@bluettijapan

最後の5つ目もポイントはデザインです!シンプルながらとっても可愛くて愛犬とも撮影したくなります。

カラーも3種類から選べますよ〜!

愛用者のチワワの「しかまる」ちゃんからのレポート

写真提供:しかまるちゃん@cicamale

今回実際にBLUETTI EB70を愛用しているファミリーキャンパーのしかまるちゃんのご家族に取材をさせていただきました!

Instagramのアカウントはこちら

ーBLUETTI EB70を使用してのキャンプはどうですか?

寒さに弱いワンちゃんでも、ポータブル電源と電気毛布があれば安心してキャンプできます。
春先の暖かい日でも、夜は冷え込みがち。テント内に敷いたり、こたつスタイルにしたり、包んであげたりすると、ぬくぬくです。スマホは置くだけ充電ができるから、バッテリー残量を気にすることなく一泊できます。

テント内でもぬくぬくのしかまるちゃん♡
膝掛けスタイルもぬくぬく

ーBLUETTI EB70の決め手は?

他にないカラーで見た目が可愛らしいのと、
程よい容量とサイズ感、リン酸鉄のリチウムイオン電池で安全性が高い点もポイントでした。防災の観点からも、1台所有しておくと安心感があります。

しかまるちゃんのご家族さま、素敵なお写真とインタビューもありがとうございました!


BLUETTI EB70の公式通販サイト>>

おでわんスタッフもBLUETTI EB70で冬キャンプしてきました

届いたよ!

念願だった小型ポータブル電源 BLUETTI EB70 が届きました!カーチャージケーブルやソーラー充電ケーブルも同梱されています(ソーラーパネルは別売り)

今までは寒い時期は諦めていた冬キャンプ。

ですが今回は強い味方のBLUETTI EB70がいる!

ということで冬キャンプを愛犬と楽しんできました!

冬キャンプ(3月)へ出発

出発!

今回向かうキャンプ地は京都府南丹市のスプリングひよし内に、2022年4月1日にオープンするDOD CAMP PARK KYOTO!(2つのサイトがわんこOKです)

※3月に行われたメディア向け先行体験会で愛犬と宿泊してきました

これで夜も安心だね!

夜は冷え込むので人間用の電気毛布とペット用の電気毛布を準備してきました。

夜ご飯中

美味しいキャンプ飯を愛犬と一緒に食べる時間は最高に幸せです。

そして焚き火の前でお酒を飲んで語らう時間も好きです。

この時のためにキャンプをしていると言っても良いかもしれません!

ですが・・・やっぱり夜になると冷え込んできます。

「寒い。。寒い。。」となってきた頃に電気毛布が使える幸せ&安心感はとてつもなく大きかったです。

あったかいね!

※取材のため特別にサークルのファスナーを開けて撮影しています

人間用の電気毛布1枚とペット用電気毛布1枚を7時間程度一緒に使用しましたが朝になってもぬくぬくのままでした!

スマホも一眼も充電できる

翌日は、琵琶湖方面へ取材に行ったのですが「あ、携帯と一眼レフの充電が心配!」となった時にも、コーヒーを飲んだり愛犬と散歩している間にBLUETTI EB70で充電完了です!

初めての冬キャンプを終えて

初めての冬キャンプも電気毛布のおかげで楽しく過ごせました!愛犬もペット用電気毛布の上のエリアでずっと気持ちよさそうに寝ていたので「あ、ここあったかい」と暖かさを感じてくれていたと思います。

次の目標はプロジェクターを持って行ってキャンプで愛犬と映画を楽しみたいなぁと思っています。

まとめ

以上、愛犬家目線での小型ポータブル電源BLUETTI EB70の紹介でした!

小型ポータブル電源がある愛犬との暮らしは、安心感と快適性を与えてくれるだけでなく「愛犬とのおでかけの選択肢」を増やしてくれます。

例えば冬キャンプや車中泊での気ままな旅も!

私にはいつか愛犬と北海道に行って、車でゆっくり知床や稚内そして函館などをぐるっと周りたいという夢があります。その時にはBLUETTI EB70を持って(愛犬の負担のならないような)快適で安心な旅をしたいと思っています!

また災害が多い日本で持ち運べるポータブル電源を1台持っておくと安心ですね。備えあれば憂いなし!

最後までお読みいただきありがとうございました。愛犬との暮らしの参考になれば嬉しいです!

▼3月31日までクーポンコード入力で15,000円オフ▼
【クーポンコード】15000
BLUETTI EB70セールページはこちら>>



この記事を書いた人

けい@おでかけわんこ部長

おでかけわんこ部の運営スタッフ代表です!愛犬とのおでかけは飼い主もわんこもハッピーにします!そんなハッピーな情報を全国の飼い主さん(部員)から集めて発信していきます!!愛犬:ポメラニアン