ご確認ください

ご紹介している施設の情報は変更になっている可能性がございます。おでかけ前に各自ご確認くださいませ。

【迷子犬ゼロに】犬の鼻紋認証Nose IDアプリ開発をおでわん部は応援します | 1万匹のお鼻の写真が必要です #世界で一つだけの鼻

こんにちは。おでかけわんこ部です!

突然ですが、皆さん愛犬のお鼻をじっくり見たことはありますか?

愛犬をヨシヨシする時に一度お鼻をじっくり見てみてください。

え、僕のお鼻に何かあるの!!?

今回は、愛犬のお鼻のシワ(鼻紋)と、鼻紋を活用して迷子犬をゼロにしようという株式会社 S’moreさんのサービスNose ID】の紹介をします。

「もし愛犬の首輪が外れて迷子になったら…」
「突然の自然災害で愛犬とはぐれてしまったら…」

自分の愛犬は大丈夫と思っていませんか?残念ながら毎日どこかで誰かの大切な愛犬が迷子になっているのです。

今回ご紹介する鼻紋認証アプリで鼻紋を事前に登録しておくと、あなたの大切な愛犬をすぐに見つけ出せる可能性が高くなります。

今回の記事では「鼻紋認証アプリって何?」と、「あなたの愛犬のお鼻写真を登録しよう」についてご紹介したいと思います。

犬の鼻紋って知ってますか?

犬の鼻紋とは「鼻のしわの模様」のことで、人でいう指紋のようなものです。

鼻紋は犬の個体によって違うため犬ごとの個体識別が可能となります。

人間でいう顔認証のようなことが犬でも出来るのです!

お鼻のシワってみんな違うんだね!

鼻紋認証アプリで迷子犬ゼロの世界へ

出典:https://www.smore-pets.com/

日本の迷子犬の現状

日本では1日80頭程度のわんこが毎日どこかで迷子になっています。

FBやInstagramなどで迷子犬を探している飼い主さんの投稿を見るたびに心を痛めている方も多いと思います。

飼い主さんの元へ戻れるわんこもいれば、保健所で残念ながら処分されるわんこが多いのも事実です。

2011年の東日本大震災の時のデータを見ると、飼い主の元に戻れた割合はわずか12.2%という低い数値なのです。

鼻紋認証アプリが迷子犬の問題を解決する

Nose ID】の韓さんと澤嶋さんは犬の鼻紋を用いることで犬ごとの個体識別が可能な点に注目し、犬の鼻紋認証アプリ開発を進められています。

Nose ID】の韓さんと澤嶋さん

鼻紋認証アプリってどんなの?

飼い主が事前に愛犬の鼻紋を登録しておくことで、もし万が一愛犬が迷子になっても、見つけた人が愛犬の鼻紋をスマホで読み込むだけで飼い主の連絡先が分かり連絡することが可能となるのです。

どのようにして迷子犬を解決するの?

飼い主が愛犬の鼻紋を撮影し愛犬の情報を事前登録する

愛犬の鼻紋写真と情報と登録しよう!

Nose ID事前登録はこちら

登録できる情報
基本情報:愛犬の写真・犬種・性別・生年月日 等
任意情報:フードの種類・アレルギー・注意点・かかりつけの動物病院や病気に関する情報

いつでも誰でも愛犬の鼻にスマホをかざすだけで情報を確認できる
出典:https://readyfor.jp/projects/noseID

「この子の名前は?連絡先は?」がスマホで鼻紋をスキャンするだけでわかります

鼻紋認証アプリのメリット

メリットを2つ紹介するよ〜

(1)愛犬の病歴などの詳しい情報を確実に知らせることが出来る

事前登録時には鼻紋のみならず愛犬の病歴やアレルギーなど詳しい情報も登録することができるため

「持病持ちのわんちゃんが保護された時、少しでも早い処置を受けられる」
「災害時に避難所に連れて行けないから知人宅に預けたい」
「飼い主が入院をすることになり実家に預けたい」

といった万が一の場合でも愛犬の正確な情報を第三者に知らせることが出来るのです。

  • 去勢や避妊の有無
  • 愛犬の病気(過去の病歴や飲んでいるお薬名など)
  • アレルギーについて
  • 性格や扱い方について
  • 食べているドッグフードについて 
    など

(2)費用も愛犬の体へも負担がかからない

2つ目のメリットとしては鼻紋認証は費用も愛犬の体へも負担がかからないこと。

迷子犬対策として「迷子札」や「マイクロチップ」を思い付かれる方も多いと思います。

ですが迷子札は劣化して肝心の連絡先が読めなくなっていたり、装着を嫌がるわんこも多く費用もかかります。

またマイクロチップは費用がかかるのはもちろん、愛犬の体に埋め込む必要があり愛犬への体の負担に抵抗を感じる飼い主様が多いのも事実です。

この鼻紋認証アプリは無料で且つ、愛犬の鼻紋を撮影し登録するだけなので体への負担もかかりません!

迷子犬問題だけじゃない!将来はこんな展望も

鼻紋認証アプリは迷子犬の問題以外にも、ゆくゆくはこんな展望もあります。

スキャンすると狂犬病や予防接種の履歴がわかる

ドッグカフェやドッグランにおでかけした際に

「あ!予防接種の証明書を忘れた!」

ということありませんか?

この鼻紋認証アプリは個体識別を可能にするため、狂犬病や予防接種の履歴ともデータで連携し、ゆくゆくは証明書を持ち歩く必要のない社会を実現してくれるかもしれません!

開発には1万匹のお鼻の写真が必要です

この鼻紋認証アプリの開発には1万匹の犬の鼻紋のデータが必要です。

機械学習を活用したシステム構築のためサンプルとなる犬の鼻紋が必要なのです。

2021年8月10日現在、750匹の鼻紋のデータが集まっていますが、開発までまだまだ鼻紋のデータが必要です。

この記事を読んで

「私の愛犬も万が一のために事前に鼻紋を登録しておきたい!」
「素敵なプロジェクトなので鼻紋データを提供したい!」

と思った飼い主様へお願いです。

大切なあなたの愛犬のお鼻の写真を登録してください

愛犬の鼻紋と簡単な情報を事前登録するだけで

・アプリ開発後にあなたの愛犬データが引き継がれる!
・鼻紋データの収集への協力できる!

という2つのメリットがあります。

事前登録はとっても簡単で無料です。

\事前登録はこちら/

Nose ID事前登録はこちら

鼻紋の写真の撮り方について(いい例・悪い例)

登録する写真は合計4枚です。

  • 顔アップ2枚
  • お鼻アップ2枚

私も登録しましたが、いざ愛犬のお鼻のアップ(鼻紋)を撮ろうと思うと案外難しいのです!ここで撮影のいい例・悪い例をご紹介します。参考にして愛犬とコミュニケーションをとりながら何度もチャレンジしてくださいね◎

SNSでも続々と愛犬写真の提供の輪が広がっています

鼻紋認証アプリの公式Instagram@nose.id_official では登録された沢山のわんこのお鼻の写真が並んでいます。

ハッシュタグは #世界で一つだけの鼻 です。

このサムネイルを見ているだけで癒されるくらい可愛いのです!!!

このプロジェクトに賛同した飼い主様から飼い主様へ。また違う飼い主様へ。

SNSでの自然な拡散で続々と、事前登録&鼻紋データ提供の輪が広がっています!

この鼻紋認証アプリはあなたの大切な愛犬のためでもあり、あなたの大切な知人の愛犬のためでもあるのです。

もしこの記事を読んでこのプロジェクトに賛同してもらえたのなら・・・!ぜひお友達にもシェアしてくださいね◎

クラウドファンディングにも挑戦されています

鼻紋認証アプリNose ID】の開発を進める株式会社S‘moreさん。

2021年7月〜開発費用のためのクラウドファンディングにも挑戦されています。(支援募集は8月23日(月)午後11:00まで)

「素敵なプロジェクトを応援したい!」

という飼い主様も多いかと思います。

ぜひNose ID】のプロジェクトに込められた韓さんと澤嶋さんの想いを読んでみてみてください。

この鼻紋認証アプリを開発しようとしたきっかけや今後の展望について詳しく記載されています。

クラウドファンディングページはこちら

おでかけわんこ部× Nose ID インスタライブ

一緒にインスタライブをします!

LIVE配信はおでかけわんこ部Instagramアカウントにて行います。

・日時:2021年8月21日(土)20:00〜(30分程度)
・テーマ「Nose IDについて」「今後の展望」など

まとめ〜本当の意味で愛犬が家族に〜

おでかけわんこ部がこの鼻紋認証アプリ開発を知ったきっかけ。

それは2021年4月に代表の韓さんからこのアプリに込めた熱い想いを直接聞いた時からです。

「このアプリが浸透すれば迷子犬は確実に減らせる」
「ゆくゆくは狂犬病証明書なども連携でき手続きが簡易化する」
「犬の戸籍のように本当の意味で愛犬と家族になれる」

熱く語る韓さんの目線の先にそんな未来が見えました。

おでかけわんこ部では、”将来的に愛犬とのおでかけの際にこのアプリが活用される”そんな未来にも期待して、このプロジェクトを全力でサポートさせていただきます。

\事前登録はこちら/

Nose ID事前登録はこちら


\SNSで大人気のドッグウェア!MAX50%セール中/

この記事を書いた人

けい@おでかけわんこ部長

おでかけわんこ部の運営スタッフ代表です!愛犬とのおでかけは飼い主もわんこもハッピーにします!そんなハッピーな情報を全国の飼い主さん(部員)から集めて発信していきます!!愛犬:ポメラニアン