ご確認ください

ご紹介している施設の情報は変更になっている可能性がございます。おでかけ前に各自ご確認くださいませ。

愛犬と北海道へフェリーで行ってきたよ!同室のウィズペットルームや船内での過ごし方は?【さんふらわあ・新日本海フェリー利用】

こんにちは。おでかけわんこ部です!

今回は特別企画として「愛犬といく北海道フェリーの旅(東京出発)」をご紹介したいと思います!

北海道まで同室で泊まれるプランがあるフェリーは

■「さんふらわあ さっぽろ・ふらの」夕方便(大洗港〜苫小牧西港)
■「新日本海フェリー らべんだあ/あざれあ」(新潟〜小樽)

の2つです。

今回レポートを提出してくれたりんたろうくんは、行きは「さんふらわあ」→帰りは「新日本海フェリー」でウィズペットルームを満喫したそうですよ!

「北海道に愛犬と行ってみたいけど飛行機はかわいそう」
「フェリーではどんな風に愛犬と一緒に過ごせるの」
「フェリーの値段や注意点は?」

など北海道行きを検討している飼い主様にぜひぜひおすすめの記事ですので参考にしてくださいね♪

りんたろうくん!色々教えてね♪

りんたろう

うん、僕が体験した内容を写真付きで紹介するね!

【行き】大洗港〜苫小牧西港「さんふらわあ さっぽろ・ふらの」

行きは茨城県の大洗港から出ている商船三井フェリーの「さんふらわあ さっぽろ/ふらの」の夕方便で北海道の苫小牧西港に向けて出発!

出典:公式サイトhttps://www.sunflower.co.jp/

大洗からのフェリーは、

  • さんふらわあ さっぽろ・ふらの(夕方便)
  • さんふらわあ しれとこ・だいせつ(深夜便)

の2種類ありますが、愛犬と同室で泊まれるウィズペットルーム・ドッグランはさんふらわあ さっぽろ・ふらの(夕方便)」のみ!(※深夜便は別室のペットルームはあり)

茨城の大洗港を19:45に出発して苫小牧港には翌日の13:30に到着!なんと17時間45分もの長い船旅です。

それでは愛犬と同室プランがある「さんふらわあ さっぽろ・ふらの」のポイントをまとめます。

さんふらわあ さっぽろ・ふらのってどんなフェリー?

出典:出典公式インスタグラム @molferry_

全長199.7mで旅客定員は590名のとっても大きなフェリーです。

この中でウィズペットルームは5室のみ!

予約開始と同時にすぐに満室になるのも納得ですね。

●スーペリアウィズペット オーシャンビュー×2室

(4名定員/小型5匹、又は中型3匹、又は大型2匹まで)

出典:公式サイトhttps://www.sunflower.co.jp/

●スーペリアウィズペット オーシャンビュー×2室

(2名定員/小型3匹、又は中型2匹、又は大型1匹まで)

出典:公式サイトhttps://www.sunflower.co.jp/

●スーペリアウィズペット インサイド×1室

(小型3匹、又は中型2匹、又は大型1匹まで)

出典:公式サイトhttps://www.sunflower.co.jp/

値段は運賃+ウィズペットルーム料金が必要になります。

例えば閑散期のシーズンに夕方便で大人2名+犬1匹だと

  • 運賃スーペリアオーシャンビュー:20,220円×2名
  • ウィズペットルーム料金:12,220円

となり2名で合計52,660円です。(乗用車運賃別途必要)

多頭の場合でもウィズペットルーム料金は一律です。

運賃はオーシャンビューかインサイドかによって若干違います。

さんふらわあ さっぽろ・ふらのペット同伴ルール

乗船前に確約書を記入し提出する必要があります。

また船内の移動は夕方便の場合、乗下船時、及びウィズペットルームからドッグランへ移動する際は、必ずペットの全身が入り、フタを閉めることができるバック・キャリー・カート等の利用が必要です。(カートは幅75cm以内のもの)

カートの貸し出しもあるのでぜひ確認してくださいね!

ドッグランは2箇所でドッグランへの移動もカートの利用もしくはケージが必要です。

乗船時から22:30、翌日は朝の8:00から営業しており、足洗い場や専用ダストボックスもあるドッグフレンドリー度が嬉しいですね。

出典:公式サイトhttps://www.sunflower.co.jp/

別室になりますが、ペットルームもあります。利用料金は3,060円で営業時間は乗船時~22:30、翌朝は8:00〜です。

※ペットルームは深夜便にもあり

りんたろうくんから写真レポートが届きました!

出発するよ〜

客室以外はカートを利用したよ!

お部屋に着いたよ〜広いでしょ?

ドッグランでも遊んだよ!

客室内にはケージがないから折り畳みケージがおすすめ!

いつも使っているブランケットを入れてくれたから安心して眠れたよ〜

そろそろ北海道に着くよ〜

りんたろうくん、素敵なレポありがとう♡

約18時間の長旅もホテルのようなスーペリアルームで愛犬も同室なら安心して過ごせますね!

ドッグランも併設されているので、お散歩はできませんが軽く運動もさせてあげられるのは嬉しいポイント。

予約は2ヶ月前の同日(日曜・祝祭日の場合は翌営業日)の午前9時〜ということなのでぜひチャレンジしてみてくださいね!

【帰り】小樽港〜新潟港「新日本海フェリー らべんだあ/あざれあ」

帰りは北海道の小樽港から出ている新日本海フェリーの「らべんだあ/あざれあ」で新潟港に向けて出発!

新日本海フェリーの中でも愛犬と同室で宿泊できるウィズペットルームがあるのは、新潟港〜小樽港のらべんだあ/あざれあ」の2船のみ!

やはりこちらも超人気のお部屋です。

小樽港→新潟港へは17:00に小樽港を出発して翌日の朝9:15に新潟港に到着します。約16時間の船旅です。

ちなみに新潟港→小樽港は、12:00に新潟港を出発して翌日の朝4:30に小樽港に到着します(めっちゃ早い!)

それでは愛犬と同室プランがあるらべんだあ/あざれあ」のポイントをまとめます。

らべんだあ/あざれあ」ってどんなフェリー?

出典:公式インスタグラム@shinnihonkai_ferry

全長197.5mで旅客定員は600名のとっても大きなフェリーです。

●ステートAツインウィズペット

(2名定員)※多頭の条件は要問い合わせ

出典:公式サイトhttps://www.snf.jp/


値段は運賃+ウィズペットルーム使用料金が必要になります。

例えば閑散期のシーズン大人2名+犬1匹だと

  • 運賃ステートA:16,600円×2名
  • ウィズペットルーム料金:10,900円

となり2名で合計44,100円です。(乗用車運賃別途必要)

らべんだあ/あざれあ」のペット同伴ルール

乗船前に確約書を記入し提出する必要があります。

乗下船時はペットをケージ・キャリー・カート等に入れて乗船する必要があります。抱っこや直接歩かせることはできません。

またウィズペットルームの同伴条件として、室内で飼われているペット(20kg以下)であることです。

ドッグラン(ドッグフィールド)があり、利用期間は4月~10月ですが屋根はなく天候により利用できな場合もあります。

またウィズペットルームが予約でいっぱいの場合は、別室にはなりますがペットスペースがあります。(ペットスペースは全船に設置)ケージのサイズは幅57cm×高さ×67cm×奥行90cmとなっています。

出典:公式サイトhttps://www.snf.jp/

りんたろうくんから写真レポートが届きました!

北海道、、バイバイ!

お部屋に着いたよ〜

ケージはないから、折り畳みのペットサークルが役にたったよ!

ドッグランにきたよ!

屋根がないから天候によっては利用できないんだって〜

海を見ながらのランランは楽しいけど・・・やっぱり寒かったよ〜

りんたろうくん、素敵なレポありがとう♡

約16時間の船旅でも愛犬とずっと一緒だと安心ですね!大海原を見ながらのドッグランは気持ちよさそうですね。

体全体で風を感じているりんたろうくんが可愛い・・・!

予約は3ヶ月前の同日の午前9時〜ということなのでぜひチャレンジしてみてくださいね!

※予約開始日が日・祝日、当社の休業日にあたる場合や該当する日がない場合は、その翌営業日が予約開始日となります

りんたろうくんのご家族から感想をいただきました

北海道の景色はやっぱり最高だね!

北海道出身のりんたろうくんの飼い主様。

りんたろうくんと初めてのフェリーで帰省をされたとのことで、とっても参考になる情報と可愛いお写真をありがとうございました!

【りんたろうくんご家族から】
今回、私たちが生まれ育った北海道の美味しい空気と壮大な景色を愛犬と一緒に楽しめて最高でした。
野生動物(特に鹿)の飛び出しには十分に気をつけながら、たくさんの人に楽しい北海道旅行をして頂きたいです!

まとめ

りんたろうくん素敵な体験レポートありがとう!

「北海道に愛犬と一緒に行ってみたい」

そんなふうに思う飼い主様は多いと思います(私自身の夢でもあります)

長い船旅も愛犬と同室で泊まれるウィズペットルームだと安心ですね。船から愛犬と一緒に見る景色や、海風を感じながら一緒にランランすることは特別な思い出になること間違いなしです。

ぜひルールとマナーを守り、愛犬と非日常のフェリー旅と北海道を楽しんでください!

愛犬との旅の範囲が広がっていくように

愛犬と一緒にいける範囲はどうしても限られてしまいがちですが、フェリーや飛行機などの移動がもっとドッグフレンドリーになってくれたら愛犬との旅のエリアがどんどん広がって嬉しいですよね。

ただそのためには「飼い主全体のマナーやモラルの向上が絶対条件」です。犬が苦手な人への配慮を忘れず、糞尿の始末や最低限のしつけなど当たり前のマナーはもちろん、できる限りの清掃や譲り合いの精神などモラルの向上も必要だと思います。

こんなふうに愛犬と夢のような旅を可能にしてくれるプランが「ワンコNG」とならないように、そして「ワンコOK」プランがもっともっと増えていくように、おでかけわんこ部では飼い主さん全体のマナー・モラルの向上活動にも力を入れていきたいと思います。



この記事を書いた人

けい@おでかけわんこ部長

おでかけわんこ部の運営スタッフ代表です!愛犬とのおでかけは飼い主もわんこもハッピーにします!そんなハッピーな情報を全国の飼い主さん(部員)から集めて発信していきます!!愛犬:ポメラニアン