ご確認ください

ご紹介している施設の情報は変更になっている可能性がございます。おでかけ前に各自ご確認くださいませ。

【2021】安心安全な国産ドッグフード6選 | 無添加でヒューマングレードのものはどれ?国内製造の良質なフードを厳選しました

おでわんスタッフわんこも食べてます

こんにちは。おでかけわんこ部です。

今回はドッグフードの中でも「国産」「安心安全」な良質なドッグフードをご紹介したいと思います。

「国産ドッグフードって安いものから高いものまであるけど何が違うの?」
「毎日食べるものだから信頼できる国産の良質なドッグフードをあげたい」
といった飼い主さまにぜひおすすめの内容です。

国産=安心安全と思われがちですが全てが安心安全なドッグフードとは言えず、選び方を間違えると大切な愛犬には避けたい「危険」な原材料が含まれている場合もあります。

記事前半では「安心安全」な国産ドッグフードの選び方をご紹介し、記事後半では人気の安心安全の良質な国産ドッグフードを5つ厳選してご紹介します。

大切な愛犬の体に毎日はいるものですので、良質なドッグフードで体の中から整えてあげましょう◎

国産ドッグフードの選び方

それでは記事前半では、安心安全な国産ドッグフードの選び方について気にするポイントを紹介したいと思います。

ちょっと待って!本当にそれって国産?

市販されているドッグフードのパッケージに大きく書かれている「国産」の文字。

国産と聞くと

国産=国内で製造されている?

となんとなく思ってしまいがちですが実はドッグフードでは「国産」=「国内製造」ではありません。

ペットフードに関する法律を抜粋すると

原産国は、ペットフードの製造工程のうち、最終加工工程を完了した国を記載します。最終加工工程が完了した国とは「実質的な変更をもたらす行為が最終的に行われた国」のことです。

https://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/petfood/p_qa/hyouji.html

つまり、海外で製造されていても最終加工を日本で行えば「国産」と表記されているということです。

選ぶポイント①国内製造と表記されているものを選ぼう

「国内で安心安全な環境で製造されているものを選びたい」

ということであれば製造国や工場が明記されているドッグフードを選びましょう。

国内製造で工場などの情報も公開しているドッグフードは正直高価な価格帯だけど、工場のみならず原材料にもこだわっている国産ドッグフードなので安心だね。

メインのタンパク質源は国産食材?

次に気をつけたいポイントはメインのタンパク質について。

犬にとって一番大切な栄養素はタンパク質です。筋肉や毛など全ての細胞の元になっています。

そのためメインとなるタンパク質に注目しましょう。

選ぶポイント②メインが国産食材のお肉や魚のものを選ぼう

原材料を見て一番最初に表記されているのがメイン(主原料)です。このメインがお肉や魚といった動物性タンパク質のものを選びましょう。

またそのお肉や魚の産地が明確なドッグフードを選ぶことでより安心して愛犬に与えてあげることができます◎

(1)メインがお肉や魚などの動物性タンパク質を選ぼう

→メインが小麦やとうもろこしなどの植物性タンパク質はNG

(2)メインのお肉や魚が産地が国産食材のものを選ぼう

→産地が明確に掲載されているものを選ぶ

どうして小麦やとうもろこしの植物性タンパク質はダメなの?

その理由はアミノ酸スコアに関係があります。

・動物性タンパク質(肉、魚)=『アミノ酸スコア』が高い
・植物性タンパク質(小麦・とうもろこし)=『アミノ酸スコア』が低い

つまり、犬にとって必須アミノ酸がバランス良く含まれている動物性タンパク質の方がいいということです。

(市販されている安いドッグフードの多くは主原料が植物性タンパク質です)

【もっと詳しく】コラム
犬の口に入ると、食道、胃、十二指腸に流れて最終的に小腸で「アミノ酸」に分解され体の中に吸収されていきます。
そして犬の体内で合成できず必ず食事から補う必要があるもの「必須アミノ酸」と言います。その大切な「必須アミノ酸」が、食材に、どのくらいバランス良く含まれているかを数値化したものが『アミノ酸スコア』と呼ばれるものです。
動物の体の「タンパク質」を構成している「アミノ酸」は、全部で20種類あるとされており、その中で、他の栄養を使って体内で合成できない9種類のものを「必須アミノ酸」と呼び、自身では補えないため、必ず食事から摂取しなければなりません。
その大切な「必須アミノ酸」が、食材に、どのくらいバランス良く含まれているか、を数値化したものが『アミノ酸スコア』と呼ばれるもので、最大値を「100」としています。

なるほど!バランス良く栄養が吸収されるのが動物性タンパク質(お肉や魚)ということだね!

お肉や魚の主原料の産地が国産食材のものを選ぼう

犬にとって大切なタンパク質源。

「メインのお肉や魚が産地が明確な国産食材のものを選びたい!」

という飼い主さまも多いのではないでしょうか?

良質なドッグフードであれば産地を明確にし、こだわりの国産のお肉や魚で製造されています。

大切なタンパク質の産地が明確なものを選ぼう!

危険な添加物や原材料は入ってない?

3つ目の気をつけたいポイントは危険な添加物と原材料です。

実は市販されている安いドッグフードの原材料をみると大切な愛犬にとって危険な添加物や原材料含まれていることがよくあります。

【危険な添加物】

  • 着色料(合成着色料)
  • 酸化防止剤(BHA/BHT/エトキシキン)
  • 保存料(ソルビン酸カリウム)
  • 保湿剤(プロビレングリコール)

【危険な原材料】

  • 動物性油脂

などなど。

これらの添加物や原材料は基本的に安いコストで作るために「より(化学的な味で)美味しく」「より美味しそうに」「より保存がきくように」使われています。

人間の食品基準では使用が制限されているものや海外では使用が禁止されている添加物もあります。

このような危険な添加物や原材料は蓄積することでアレルギーになったり、消化吸収されにくいため老廃物として排出されず涙やけや体臭などの原因にもなります。

選ぶポイント③危険な添加物や原材料を含まないヒューマングレードのものを選ぼう

良質なドッグフードは確かに高価ですが大切な愛犬が毎日食べるものですので、危険な原材料が入っていない人間基準(ヒューマングレード)のドッグフードを選んで体の中から整えてあげましょう!

ヒューマングレードのドッグフードを選ぼう!

安心安全な人気の国産ドッグフード

それでは記事後半では、「安心安全な」国産ドッグフードをご紹介したいと思います。

前半の気をつけたいポイントを全てクリアした、且つ食いつきも良い人気の国産ドッグフードをまとめましたので大切な愛犬のドッグフード選びの参考にしてくださいね。

ご紹介するもの

・国内の工場で製造されているもの

・メインが国産食材のお肉や魚のもの

・危険な添加物や原材料を含まないヒューマングレードのもの

\さらに/

・食いつきがいい人気のドッグフード

やったー!どうせならウマウマの安心ドッグフードが良いもんね♡

このこのごはん

原材料の安心安全性、食いつき、栄養バランスの総合力が高い大人気の国産無添加ドッグフード

このこのごはん(1kg): 3,850円 ※定期購入で3,278円

「涙やけ」「毛並み」「匂い」にアプローチした小型犬に大人気の国産ドッグフードです。

メインは国産鶏肉のささみやレバー・鹿肉で、他にも九州産を中心とした大麦やかつお節、わかめや昆布といったヒューマングレードの国産食材を厳選しており、袋を開けた瞬間にカツオや昆布の和風だしのような良い香りが広がり「このこのごはんなら食べてくれた!」という飼い主さまも多く見かけます。

製造は国内の専門工場で製造から包装までを厳しい品質管理のもと丁寧に製造されています。

画像引用元:@konokototomoni

小型犬にとって食べやすい小粒サイズなのも嬉しいポイントです。

【原材料】
鶏肉(ささみ、レバー)、大麦、玄米、ビール酵母、鰹節、米油、乾燥卵黄、鹿肉、まぐろ、青パパイヤ末、モリンガ、さつまいも、わかめ、乳酸菌、昆布、ミネラル類(牛骨カルシウム、卵殻カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE)

【栄養成分】
タンパク質 21.5%以上 灰分 5.5%以下 脂質 7.5%以上 水分 10.0%以下 粗繊維 1.0%以下 代謝エネルギー 342kcal/100g

涙やけや毛並み、匂いに悩んでいる小型犬の飼い主さまにぜひおすすめの国産ドッグフードです。

こんなわんこにおすすめ

・涙やけや毛並み・匂いに悩んでいる小型犬

おでわんスタッフわんこもずっと食べてます

実はスタッフわんこはポメラニアンの女の子7歳です。5歳の時からずっとこのこのごはんを食べてます。

涙やけもぐんと改善し、何よりトリマーさんに褒められるのは毛並みです。毛先まで栄養が行き渡っているのかポメラニアンらしいもふもふ感と毛艶の良さはこのこのごはんのおかげかなと思っています。

味も大好きだよ〜!小粒だから食べやすいのもgood!!

このこのごはん公式通販サイト>>

Yum Yum Yum!

味や食感のバリエーションがあり飽きがこない国産無添加ドッグフード

Yum Yum Yum!チキンドライタイプ(500g×2):3,249円

Yum Yum Yum! チキン やわらかドライタイプ(800g※80g×10):3,485円

プレミアムフード・ケアの専門店を20年間運営するGREEN DOGが作った愛犬のためのオリジナルドッグフード。カリカリのドライタイプと、シニアや歯が悪いわんこにおすすめのやわらかタイプがあります。

国産の若鶏生肉や鰹節などを加えたドッグフードで人間の食事と同じ衛生レベルの国内のペットフード専門工場で製造されています。工場見学イベントも過去に開催されており清潔な環境で丁寧に製造されていることがわかります。

https://www.facebook.com/greendog111/

Yum Yum Yum!にはチキンやカツオ、馬肉などの種類がありますが今回は一番人気の「チキンドライタイプ」の原材料と栄養成分をご紹介します。危険な原材料や添加物は一切不使用の安心安全なドッグフードです。

【原材料】
鶏肉、大麦、玄米、ビール酵母、かつお節、全卵、チキンエキス、酵母エキス、オリゴ糖、にんじん、発酵調味液、ブロッコリー、かぼちゃ、昆布、しいたけ、ミネラル類(牛骨カルシウム、卵殻カルシウム、塩化カリウム、塩化ナトリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

【栄養成分】
粗タンパク質 21.5%以上、粗脂肪 10.7%以上、粗繊維 1.5%以下、粗灰分 6.0%以下、水分 10.0%以下、オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸 10:1以下、342kcal/100g

【食いつきが心配な方に!お得なお試しセットあり】

「いきなり高価なドッグフードを買って余らせたくない」
「カリカリとやわらかどちらも試してみたい」

という飼い主さまにぴったりのお得なお試しセットがありますのでぜひご活用くださいね(通常料金から44%オフ / 送料無料)

こんなわんこにおすすめ

・いろんな味のある国産ドッグフードをローテーションしたい

・国産の「魚」がメインのドッグフードを探している

馬肉自然づくり

人用の新鮮な馬肉で食いつき抜群!他のお肉にアレルギーがある犬におすすめの国産無添加ドッグフー

馬肉自然づくり(1kg):3,300円(※定期購入の場合割引あり)

その名前の通り馬肉を贅沢に使用した国産ドッグフードで、馬刺し専門店が製造しています。

馬肉は高タンパク低脂肪&ビタミンミネラルも豊富なお肉なため、食が細いわんこでも効率よく理想的に栄養を摂取できます。またチキンやビーフなど他のお肉にアレルギーがあるわんこにも馬肉はおすすめです。

馬肉自然づくりはカナダ生まれの馬を日本一の肥育技術を持つ熊本で育てています。人間用と同じ鮮度の馬肉を国内の工場で製造されています。

【原材料】
馬肉、鶏肉、玄米、大麦、黒米、きなこ、かつお粉、米ぬか、馬油、おから、ハト麦、卵、わかめ、小松菜、昆布、ビール酵母、卵殻カルシウム

【栄養成分】
粗タンパク質 27.0%以上 粗灰分 2.2%以下 粗脂肪 11.1%以上 水分 7.0%以下 粗繊維 5.2%以上 代謝エネルギー 399kcal/100g

危険な原材料は含まず、新鮮な馬肉だからこその本能をくすぐる食いつきに定評があります。

初回限定で3,300円→2,640円でお試しできるのでぜひ愛犬に試してみてくださいね。

こんなわんこにおすすめ

・他のお肉にアレルギーがあるので「馬肉」の国産ドッグフードを探している

UMAKA

九州産華味鳥100%を使用したチキンが大好きなわんこにおすすめの国産無添加ドッグフード

UMAKA(1.5kg):4,980円(※定期購入の場合割引あり)

老舗の水炊き料亭「博多華味鳥」が自信をもって作った、プレミアムドッグフードです。主原料である鶏肉は九州産華味鳥100%という贅沢さ。

全て国産食材を使用し山の幸、海の幸がふんだんで栄養価もばっちりです。

【原材料】
鶏肉、玄米、大麦、鰹節、大豆、ビール酵母、チキンエキス、米油、卵黄粉末、発酵調味液、フラクトオリゴ糖、りんご、にんじん、かぼちゃ、昆布、しいたけ、コンドロイチン、セレン酵母、しょうが、ビフィズス菌、グルコサミン、L-トレオニン、ミネラル類(牛骨カルシウム、塩化カリウム、塩化ナトリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン産第二鉄、グルコン産銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム)

【栄養成分】
タンパク質 21.4%以上 灰分 7.0%以下 脂質 9.5%以上 水分 10.0%以下 粗繊維0.8 %以下 灰分 6.8%以下  エネルギー350kcal/100g

チキンが大好きなわんこにおすすめの無添加国産ドッグフードです。本能をくすぐる鶏肉の風味と鰹節の香りに夢中になるわんこが続出中です。ヒューマングレードの国産食材を九州の工場で丁寧されています◎

初回限定で4,980円→2,980円でお試しできるのでぜひ愛犬に試してみてくださいね。

こんなわんこにおすすめ

・チキンが大好きなわんこ

Dr.ケアワン

涙やけに悩んでいる飼い主様におすすめの動物栄養学博士監修の国産無添加ドッグフード

Dr.ケアワン(800g):3,300円(※定期購入の場合割引あり)

動物栄養学博士監修した涙やけ対策におすすめのドッグフード。

監修の桜井先生や島田先生は多くの著書を出版されています

添加物まみれや粗悪な原材料を使用した安価なドッグフードは完全に消化吸収されず老廃物として涙管を詰まらせてしまい、涙が溢れ出ることが涙やけになる一因だと言われています。

Dr.ケアワンは添加物不使用で良質な国産食材を使用することで消化吸収率を高いドッグフードです。九州産の若鶏肉を使用し、国内工場で製造されています。

且つ抗酸化成分や16種類の乳酸菌が入った「乳酸菌FF16」が配合されており腸内環境を整えることで免疫力を高めてくれるドッグフードです。

またグルコサミン・コンドロイチンも配合されているため間接機能の低下が気になるシニア期のわんこにもおすすめですね。

【原材料】
鶏肉、玄米、大麦、鰹節、ビール酵母、甜菜繊維、卵黄粉末、しいたけ、黒米、赤米、米油、むらさき芋、かぼちゃ、ブロッコリー、昆布、グルコサミン、大根葉、コンドロイチン、ごぼう、にんじん、セレン酵母、乳酸菌生産物質(大豆、乳酸菌)、キャベツ、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ミネラル類(卵殻未焼成カルシウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

【栄養成分】
たんぱく質:22.5%以上 脂質:7.5%以上 粗繊維:2.5%以下 灰分:6.0%以下 水分:10.0%以下 / 354kcal/100g

こんなわんこにおすすめ

・涙やけに悩んでいる

・間接ケアをしたいシニア期

万が一愛犬が食べなかったり、満足しなかった場合は全額返金保証付きなのも嬉しいですね◎

\初回34%オフ・全額返金保証つき/

PETOKOTO FOODS(手作り風フレッシュフード)

最後におすすめするのはドライフードを食べないわんこや、手作りフードをあげたいけど時間がない方におすすめのフレッシュフードです。

大きな特徴として愛犬の年齢や体重や運動量をもとに愛犬にぴったりなフードや1日に食べる量をカスタムで提案してくれる無料診断システムがあるところ。

新鮮な国産のお肉や野菜を国内の工場で丁寧に調理。最低限の加熱と急速冷凍で味や風味を閉じ込めたフードです。水分量も70%とみずみずしく「ドライフードをなかなか食べてくれない」という飼い主さまにとっても人気の国産ドッグフードです。

まるまる1食にするもよし、今のドライフードにトッピングして食いつきを良くさせるもよし。

色々な使い方ができるおすすめのフレッシュフードですよ。

【原材料】(チキンの場合)
鶏肉、さつまいも、にんじん、卵、小松菜、すりごま、亜麻仁オイル、フィッシュオイル、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛、銅、ヨウ素、セレン、コリン)、ビタミン類(B1、B2、B12、C、D、E、葉酸、パントテン酸)

【栄養成分】(チキンの場合)
たんぱく質 13.0%以上、脂質 5.2%以上、粗繊維 1.6%以下、灰分 3.0%以下、水分 70.0%以下、170kcal/100g中

そして嬉しいのが、わんこの名前が入ること!

おでわんスタッフわんこもトッピングで利用中

名前が入るの嬉しいですよね!
このこのごはんのトッピングとして(すごく良い香りです)

スタッフわんこは1つ目に紹介した「このこのごはん」に「ペトコトフーズ」をトッピングして食べております。このこのごはん単体でも食いつきは勿論良いのですが、このペトコトをトッピングすると、くるくる回ってとっても嬉しそうにぺろっと食べてくれます◎

まずは愛犬にぴったりなフレッシュフーズを無料診断してみませんか?

こんなわんこにおすすめ

・手作りご飯をあげたいけれど時間がない

・ドライフードだと食いつきが悪い

国産が安心?海外のドッグフードとの違い

この記事は「国産ドッグフードの方が海外のドッグフードよりも安心安全」と伝えたいわけではありません。

海外のドッグフードはむしろ日本よりも厳しいルールで製造されているドッグフードもあり原材料の安全性が高いドッグフードはたくさんあります。

国産ドッグフードは運動量の少ない小型室内犬におすすめ

ただ国産と海外産のドッグフードを比べてみると、

  • 国産の方がタンパク質は低め&低脂質
  • 国産の方が小粒タイプが多い

といった特徴が全体としてあります。この理由は海外では大型犬を広いお庭で飼っているケースが多いのに対して日本では小型犬を室内で飼っているケースが多いため犬種や運動量に違いがあるのです。

室内で運動量が少ない小型犬に海外のタンパク質が高すぎる(30%超)ドッグフードは内臓への負担も高いため30%未満の国産ドッグフードがおすすめと言えます。

また国産には小粒タイプが多いためお口の小さいわんこには小粒タイプを選んであげたいですよね。

今回ご紹介したドッグフードは

「海外よりも国産(国内製造)のドッグフードがいい」
「国産の中でも安心安全で人気のドッグフードが知りたい」

といった運動量の少ない室内小型犬にはとってもおすすめのドッグフードですのでぜひ試してあげてくださいね。

まとめ

以上、国産の安心安全なドッグフードをご紹介しました。

大切な愛犬が毎日食べるものですが、愛犬は食事を選べません。

飼い主の責任として安心安全で少しでも一緒に楽しく過ごせる選択をドッグフードのみならずしてあげたいと思います。

今後も人気のおすすめ国産ドッグフードがリリースされたら随時更新していきますのでぜひ参考にしてくださいね。



\SNSで大人気のドッグウェア!MAX50%セール中/

この記事を書いた人

けい@おでかけわんこ部長

おでかけわんこ部の運営スタッフ代表です!愛犬とのおでかけは飼い主もわんこもハッピーにします!そんなハッピーな情報を全国の飼い主さん(部員)から集めて発信していきます!!愛犬:ポメラニアン