ご確認ください

ご紹介している施設の情報は変更になっている可能性がございます。おでかけ前に各自ご確認くださいませ。

愛犬と一緒に新幹線に乗れる?ペット用カートは?料金やルールを確認しよう |持っていきたいグッズも紹介します♪

こんにちは!おでかけわんこ部です。

帰省や旅行など愛犬と一緒に新幹線に乗る機会ができた!

そんなとき「愛犬と一緒に新幹線に乗れるの?」「一緒に乗る方法や料金は?ルールはあるの?」「新幹線に持っていきたいグッズは?」など初めての遠出に不安がある方もいますよね。

そこで今回は犬と一緒に新幹線に乗る際のルールやマナーを説明します!

飼い主も愛犬も快適に過ごせるように、新幹線でおでかけのときはぜひチェックしてみてください◎

犬と一緒に新幹線は乗れる?料金は?

ペットケースに入れて「手回り品」として新幹線に乗せることができます!

ただしいくつかルールがあります♪

  • 小型犬のみ乗車可能
  • ペットケースに入れる必要があり、ケースは長さ70センチ以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチ程度
  • ケースと動物を合わせた重さが10キロ以内
鉄道会社料金
東海道新幹線(JR東海)290円
東北・上越・北陸・山形・秋田新幹線(JR東日本)290円
山陽新幹線(JR西日本)290円
北海道新幹線(JR北海道)290円
九州新幹線(JR九州)290円

犬と一緒に新幹線に乗る方法は?

  • ペットケースの準備

ペットケースは蓋が閉まり、顔や体の一部が外に出ないものを準備します。

Kanae

新幹線は長時間の移動になるため、クレートやキャスター付きキャリーバッグなど安定感のあるものがおすすめです◎

画像引用元:amazon

布状で形態が安定しないもの(ドッグスリングやバッグ)はNGなのでご注意くださいね!

  • 切符の購入

改札口で犬が乗車することを伝えて、切符の代金を支払います!

Kanae

ペットケースのサイズなどが規定を満たしているかどうか駅員さんにチェックしてもらう必要があるので忘れずに購入しましょう♪

  • 走行中の置き場所

膝の上に置くか、足下での待機となります。

Kanae

他の乗客の迷惑にならないよう、通路などには置かないようにしてくださいね◎

こんな時はどうする?知っておきたいマナー

  • ペット用バギーは?

一般的なペットカート・ペットバギーの場合、全体でペットケースの制限を超えるため持込みはできません。


犬が入るケースと車輪や手押し用の取っ手等が分離するバギーでは、ケースがペットケースの制限の範囲内で、かつ車輪や手押し用の取っ手等、ケース以外の部分が無料手回り品の制限の範囲内であれば持ち込むことができます。

Kanae

つまりペット用カートもケースが分離できるもので、ケースとそれ以外がそれぞれ制限の範囲内であれば持ち込みは可能ということですね!

・ペット用カートのケース:長さ70センチ以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチ程度のケース

・それ以外(無料手回り品):タテ・ヨコ・高さの合計が250センチ(長さは2メートルまで)以内。重さが30キロ以内 ※JR東海の場合

なお鉄道会社によってルールが違いますので各自ご確認をお願いします。鉄道会社によっては特大荷物スペースつき座席の予約が必要となる場合があります。

  • 隣の席を買ってペットケースを置ける?

犬は手回り品のため、座席をもう1席購入することはできません。

余分に座席を購入してしまうと、他の乗客の迷惑にもなってしまうので飼い主分のみのチケットを購入するようにしましょう◎

  • すごく吠えてしまったときは?

どれだけ対策しても不安やストレスから吠えてしまう可能性もありますよね。

そういう場合に備えて、デッキにすぐに移動できる車両の出入り口付近の座席がおすすめです!

また、新幹線によっては多目的室という部屋が用意されていることがあります。

多目的室は体の不自由な方や体調の悪い方、高齢者の方、授乳する方などが優先して利用できますが、空いているときは誰でも利用できるので万が一鳴き止まないときは利用を検討してみてくださいね♪

ただし、長時間の利用はできないことと、多目的室であってもケースから犬は出せないので注意してください◎

新幹線に乗るときに持っていきたいグッズ

  • おやつ
  • おもちゃ
  • 給水器
  • トイレシーツ
  • 保温・保冷グッズ
  • 普段愛用している毛布など

おやつはすぐ食べ終わるものではなく長時間もつものがおすすめです!

おもちゃは興奮しないものを選びましょう◎

また、自宅でいつも使っている毛布など安心するものを入れておくと愛犬も少しリラックスできるかも!?

新幹線の中で暑かったり寒かったりしないように体温調整ができる保温・保冷グッズなども準備すると安心ですね♪

実際に愛犬と新幹線に乗ってみた!

実際に愛犬と新幹線に乗ってみました!

新幹線内で粗相をしない&たくさん寝るように、新幹線の駅までお散歩して準備万端♪

ペットケースは普段から愛用している、リュックタイプで自立するものを使用しました!

車両の一番前の座席かつ周りに他の乗客の方が少ない席を確保してドキドキしながら乗車しましたが、新幹線内では一度も吠えることなく、しっかり寝ていました◎

まとめ

愛犬と新幹線に乗ることができれば長距離移動もできておでかけの幅も広がりますよね!

飼い主も愛犬も快適に旅行や帰省ができるように、しっかりルールやマナーを守って愛犬との素敵な思い出作りをしてください♪

この記事を書いた人

kanae

小さい頃から犬と一緒に過ごしてきました!
ヨーキーのモカといろんな場所へおでかけすることが大好きです!
わんことその家族がたくさん幸せな思い出を作るお手伝いができたら嬉しいです♪